ロボット本体に2ミリの穴を開け、そこに6角レンチを装備することで、忘れずにコートに持って行くことができる。